骨格ストレート ダイエット【体験談】/ストレッチ/筋トレ・方法/食事/運動

その他

太るとりんご型になると言われている骨格ストレート体型。

今回は、骨格ストレートダイエットに挑戦した3人の方にお話しをお聞きしました。

 

Aさん
Aさん

30代前半女性会社員

Bさん
Bさん

20代後半女性会社員

 

40代前半女性

 

骨格ストレートのため、どんな悩みがありましたか?

 

Aさん
Aさん

筋肉にせよ脂肪にせよ、少しでも肉がつくと他の骨格に比べてガタイがよく見えてしまう。

Bさん
Bさん

肩が逞しく見えてしまう。

上半身がいかつく、平均体重なのに太って見える

 

 

ダイエット1ヶ月で何キロ痩せましたか?いつから効果を実感しましたか?

 

Aさん
Aさん

一ヶ月あたり0.5kgのペースで痩せ、1年以上かけてじっくりダイエットしました。痩せた感じがし始めたのは半年ほど経った頃からです。

Bさん
Bさん

2キロ。お通じが良いと思った時は必ず痩せる。

あまり体重は気にしませんでした。効果を実感したのは二週間から一ヶ月。

 

ダイエットした期間を教えてください

 

Aさん
Aさん

1年半ほど実践しました。

Bさん
Bさん

7年間。

二年間

ビフォーアフターを教えてください。体重はどれくらい減りましたか?見た目の変化はありましたか?例)脚痩せ、二の腕がほっそり、お腹周りが減ったなど

 

Aさん
Aさん

54kg→46kgまで痩せました。見た目の変化としては、ふくらはぎや太もものシルエットが2周りほど減り、下腹部の脂肪、デコルテや背中周りのぜい肉が減りました。

Bさん
Bさん

60数キロあった体重が50キロ代前半に。肩が逞しいので痩せたように見えにくいが、腹回りや太腿を中心に痩せて少し小さめの9号サイズの服も余裕で入るように。

元々平均体重から少し重いくらいでしたが、3キロほど減りました。減った体重以上に見た目が激変しました。お尻が小さくなり、太ももの間に、憧れの隙間ができるようになりました。

どのような食事をしましたか?食べ物や食材を具体的に挙げ、食べた量などを教えてください。糖質や脂質にどのように気をつけたのかも教えてください。

 

Aさん
Aさん

私の場合は糖質と脂質が多く、タンパク質が不足しがちだったため、まず脂質制限をメインに行いました。お腹が減ってしまったときの間食は野菜を食べるかプロテインを飲むようにして、鶏のささみで作ったハムをもべていたと思います。食事を抜いてしまうと間食が増える傾向にあったので、3回の食事をバランスよく、きちんと食べるようにしていました。栄養バランスは「あすけん」というアプリで入力と管理を行い、朝と昼は比較的自由に食べたいものを食べ、夜に不足しているものを補うメニューを選ぶようにしました。これを続けていくうちに何を選ぶとどれくらい糖質・脂質・タンパク質が得られるか感覚的に分かるようになり、食事習慣をつけるうえでとても便利でした。

Bさん
Bさん

週に4日、夜ご飯だけ糖質を抜くところから始めた。また、コンビニなどに寄るとついお菓子を購入してしまう癖があるので、その温床となる100円玉と500円玉を貯金するようにした。食事面では他にタンパク質を意識して摂取し、野菜も沢山取るように意識。特に鉄分は疲労やイライラにも関わってくるので、1日一食はなんらかの形で食べるようにした。積極的に摂っていたのはブロッコリー、パプリカ、小松菜、パクチー、卵、納豆、豚肉など。魚類ではマグロの赤身やカツオの刺身を摂っていた。甘いものがほしくなった時はハチミツ、メープルシロップで代用。又はタンパク質の多いスイーツ、アイスクリームやシュークリーム、ショートケーキの3つに絞った。

炭水化物を減らしました。もともと朝食は食べない派だったので、お昼の「ごはん(お米)」を「野菜」に置き換え、揚げ物を控えるようにしました。足りないと感じるのが嫌なタイプなので、お豆腐を取り入れるなどして満腹感を重視。苦にならない範囲で食事の量を少しずつ減らしていきました。ちなみにそれまでは、大盛りご飯を目いっぱいお腹に詰め込んだり、ラーメンやうどんなどの麺類は必ず大盛りをたべていました。ただし、最初の頃は、お昼を少し我慢する代わり、私の場合は夜だけはしっかり食べていました。徐々にお昼の量も減らしていきました。ある日、休日は動かないせいかお腹が減らず、自然と夕食だけしか食べていないことに気が付き、そこからプチ断食も取り入れるようになりました。今でも継続して行っています。

 

 

 

どのような運動をしましたか?筋トレ、有酸素運動、縄跳び、水泳、走るなど運動方法を具体的に挙げて、やり方を教えてください。

 

Aさん
Aさん

元々運動習慣がなく、体力も筋力もないタイプだったので、リングフィットアドベンチャーという任天堂スイッチのゲームソフトをプレイして、自分の体力に合わせたメニューをゲームソフト内で組んでもらっていました。プレイ時間はあまり決めておらず、疲れたら終わり、という感じで気楽なやり方から始めました。徐々に体力がついてきてからは、1プレイあたり50kcalは消費する、今日は30分プレイする、など目標を決めて取り組んだと思います。ただ、基本的には「週5日プレイできればOK」というルールを守れるように、1回あたりのプレイ時間に縛りを設けなかったことがトレーニングの継続に繋がったと思います。トレーニングの内容としては、お腹周り(腹筋系)、太もも周り(スクワットなど)のメニューを中心にして、ゲームソフト内で組んでもらっていました。

Bさん
Bさん

コロナを機に運動不足が露呈し、最初は空手、最近では競技かるたを行うようにした。空手は型を覚える過程で集中力を高めるのに役立ち、真剣にやればやるほど体重も体脂肪も減少。今年から始めた競技かるたは最初の頃は筋肉痛や肩凝りに悩んだが、ストレッチを意識して行うことで血行も良くなった。また、最近では大会に向けて今までやって来なかった筋トレも意識して行うように。本来ならランニングもやった方が良いのだが、できる所からで筋トレとウォーキングをかるたの練習と併せて行っている。ただ、かるたの難点はかなりお腹が空いて糖質を無性に摂りたくなることが多々あること。なるべく甘いものを摂らずにおやつを摂る方法を、栄養学の本を見ながら色々試している。

主に筋トレを中心に、ストレッチや、有酸素運動などを行いました。もっとも効果的だったのは、筋トレです。苦痛になると続かないので、一日一回でもいいから必ず腕立てをすることから始め、気が向いたときは動画を見ながら多めの筋トレをしました。YouTubeでお気に入りの動画を見つけて、その日の気分でやりたいトレーニングを行っていました。基本は痩せる筋トレです。筋トレに飽きてきた頃、kpopに合わせて踊りながら痩せるダイエットも取り入れるようになりました。自分に合ったトレーナーさんを見つけることが、楽しく続けるコツだと思います。肩こりや腰痛が酷かったので、筋膜トレーラーで身体を解したりもしました。初めのうちは痛くてどうしようもないのですが、慣れてくるとイタ気持ちいが癖になってきます。太ももなどのセルライトを潰すのに、効果があったように思います。

あなたのダイエット実践結果のまとめを教えてください

 

Aさん
Aさん

とにかく運動習慣がなく、食事も好きなように摂ってしまっていたことが太った要因だったので、生活習慣を丸ごと変えていくことが大きな課題でした。一つ一つ新しい習慣を作っていくために時間は要しましたが、「できることからやる」「続けるために無理をしない」を大切にして取り組み、ロングスパンで大きな結果を得られたので挑戦した価値はあったと感じています。また、10年前にはなかったアプリやゲームといった文明の利器も充実しており、挑戦したのが今回のタイミングであったことも功を奏しました。-8kgは現代の工夫と知恵なくして達成できなかったと思います。

Bさん
Bさん

7年ほどかけて10キロ以上ダウン。ダイエットは短期で行おうとすると必ずリバウンドするので、年単位で無理なく続けることが大事だと実感。比較的出来そうな所から始め、最後は運動習慣をつけることが肝要。いきなり大きなところからやろうとせず、日々の積み重ねを大切にする。私の場合、運動するタイミングはあっても普段の糖質習慣が抜けなかったために中々体重が落ちない時があった。最後に、デジタル体重計で毎日の健康状態をモニタリングすること。「昨日より痩せたい」と思えるようになり、自分に良いプレッシャーをかけられる。

長期的に目標を置くと、長続きします。すぐに結果を求めないこと。一日一回でも腕立て伏せができたら良しとする。いつもならおかわりご飯をするところを、ご飯の代わりにお豆腐に食べた自分に満足する。私は炭水化物が大好きなので、それを別の食材に変えただけでも十分な努力でした。そうした低いハードルの積み重ねが、自分でも驚くほどの結果を生みました。自分に優しく、ただし諦めずに小さな努力を積み重ねること。これが私のダイエットの実践結果のまとめです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました