防音にはいくつかの種類がある

防音方法は幾通りかあり、それを正しく理解していないと効果的な防音対策を施すことができません。防音は吸音、遮音、防振の3種類に分けることができます。
吸音とは音のエネルギーを吸収することによって音圧レベルを下げることです。遮音とは、音を反射させることによって他の部屋に音を伝えさせないようにすることです。防振とは、音エネルギーによる振動を防振材によって吸収することです。

悩まされている症状に合った防音対策を

効果的に防音するためには、悩まされている症状に合った防音対策を施す必要があります。例えば、上の階の住人の足音が気になる場合には、遮音と吸音を組み合わせて施工するのが効果的です。なので、遮音シートと吸音材を貼るようにすると良いでしょう。
天井の表面と裏では、天井裏の方が作業が簡単です。天井の表面に貼る場合には、落下しないようにしっかりと設置する必要があります。

身近なものを活用した防音対策

市販されている遮音シートと吸音材を使って防音を施すこともできますが、もっと身近なものを使って防音することもできます。それはダンボールと卵のパックです。もちろん専用の防音材と比較するなら効果は落ちますが、それでもある程度の防音効果が得られます。それらに防音効果があるのは凸凹があるためです。それらが音の反射を弱めるようです。

壁に防音対策を施す場合

音楽が部屋の外に漏れないようにする場合には、壁にも防音対策を施す必要があります。やはり遮音シートと吸音材を貼ることをおすすめします。貼る順番は、最初に遮音シートを貼り、その上から吸音材を設置するのが良いでしょう。吸音材は音を跳ね返す働きをします。そのため吸音材を表面材にしてしまうと、反響音が大きくなってしまい、不快な音に悩まされるかもしれないからです。

カーテンを壁に設置する防音対策

壁に専用の防音シートや吸音材を設置するのが、最も効果的な壁の防音効果になります。しかし、もっと簡単な方法でも防音することができます。それはカーテンを壁に設置することです。カーテンの中には防音効果の優れたものがあります。そのカーテンで壁を覆うことができます。1枚では効果が薄いかもしれません。その場合には2枚重ねるとよいでしょう。

今回は、防音についてご紹介しました。効果的な防音対策を施すには、防音方法には3種類あること、そして症状にあった防音対策を施す必要があることを認識しなければなりません。
身近な物を活用して、防音対策を施すこともできます。ですが、より完璧な防音を求めるなら、防音対策専用の商品を購入することをおすすめします。