妊娠中 ダイエット【成功体験談】痩せた?運動は?食事は?方法・やり方・ビフォーアフター

その他

妊娠中にダイエットすることに成功した2人の女性にお話をお聞きしました。

自己紹介をお願いします。

 

Aさん
Aさん

20代後半 会社員です。

妊娠中いつからいつまでダイエットしましたか?例)妊娠初期から中期まで、妊娠中ずっと

 

Aさん
Aさん

妊娠中期から後期にかけて

Bさん
Bさん

妊娠7か月~生まれるまでしました。

ビフォーアフターを教えてください。妊娠中のダイエットで何キロ痩せましたか?目に見える効果はありましたか?

 

Aさん
Aさん

実際には増加を抑えただけで体重を落とすことは出来ませんでした。

Bさん
Bさん

妊娠7か月では妊娠前より+8キロでしたが、出産直前は+10キロでした。
痩せはしませんでしたが、急激な体重増加はしなかったです。

食事についてお聞きします。どのような食事法をしましたか?例)食事制限、置き換え、特定の食べ物を控える

 

Aさん
Aさん

食事の回数を増やして1回の量を減らしました。

Bさん
Bさん

食事制限

その食事方法を具体的に教えてください 例)お菓子を食べないようにした、お米の代わりに寒天に置き換えた、夜食べないようにしたなど

 

Aさん
Aさん

1日5食まで細かく分けて、朝食・昼食・夕食はお味噌汁を必ず飲んでご飯の量を減らし、それ以外の2回はサラダや納豆などお米は食べないようにしました。

Bさん
Bさん

朝は果物を食べ、昼と夜は白米をいつもの半分にしました。また、夜は10時に布団に入って食べ物と関わらないように気を付けました。

運動についてお聞きします。何の運動をどの程度行いましたか?例)足パカ、ウォーキング、エアロバイク、ストレッチ

 

Aさん
Aさん

犬を飼っているので散歩ついでに1日2回、30分程ウォーキングをしました。

Bさん
Bさん

任天堂スイッチのリングフィットを毎日1時間しました。

ダイエットが赤ちゃんや胎児に与える影響を考え、何か対策を取りましたか?

 

Aさん
Aさん

お腹が張ったらすぐに休んで無理をしないようにしました。

Bさん
Bさん

対策として、お腹が張っているときは運動をしませんでした。

妊娠中ダイエットをやろうとしたきっかけや理由を教えてください。

 

Aさん
Aさん

産婦人科での体重測定で体重の増加がひどく、主治医の先生にこれ以上太ったらここでは出産出来なくなるよ!と言われ、2人分食べなきゃと言い訳をして好き放題食べていたことを後悔し、とにかく痩せるのは無理でもこれ以上体重が増えないようにしなきゃと思いました。産後にきちんと痩せたいなら今のうちから暴飲暴食をやめて、産後の為にも食生活を見直そうと看護婦さんに優しく背中を押してもらったのもダイエットをするキッカケになりました。

Bさん
Bさん

元々やせ型でしたが、つわりの時期を終えて妊娠後期になると一気に体重が増えました。病院では「順調」と言われていて体重については何も触れられませんでしたが、今まで生きてきてこんなに太ったことがなく、子どもを産んでからも体重が戻らないのではないかと不安に思いました。また、私自身が太っている人が苦手という事もあり、ダイエットをしたのは自然の流れだったと思います。主人も「寝ているよりは運動をした方が心身ともに良い」と言ってくれ、私の背中を押してくれました。

妊娠中にダイエットをやった感想を教えてください

 

Aさん
Aさん

食べづわりだったのでどうしてもお腹が空くと気持ち悪くなってしまい、じっと家にいると何か食べてしまうし動くとやっぱりお腹が空くしで最初は体重を増やしちゃいけないのは分かってるけど無理だよー!と嘆いていましたが、食事の回数を増やしてちょこちょこ食べをするようになってからはつわりも少し落ち着いて自分の食べたいという気持ちもコントロール出来るようになり、妊娠後期からはそれほど嫌だなとかきついなと思わずにダイエット出来ました。

Bさん
Bさん

出産直前で+10キロで抑えられましたし、見た目も醜くはならなかったので、ダイエットをやって良かったと思います。しかし、妊娠前とは違い少し食べただけでも太ってしまうので、体重が増えたらリングフィットをひたすらやるという生活をしていました。この時の精神状況は、今から考えると少し異常でした。ただ、ダイエットをしていたおかげで出産後は比較的体力がついており、退院後はすぐに車で買い物に行くことが出来ました。

妊娠中ダイエットのメリットを教えてください

 

Aさん
Aさん

お腹にもう1人いるから2人分食べても良いだろうとか、妊娠してるんだからたくさん食べていいよね、という言い訳ができてしまう妊娠中に自分で考えて食事の量や回数を減らすことで、産後まで続いてしまう暴飲暴食を止めることができることです。ただでさえ妊娠前とは身体が変化してしまうので、産後はダイエットが難しく育児をしながらの食事のコントロールは難しいので妊娠中から慣れておくと産後もそのままの食生活で体重を落とすことができることです。

Bさん
Bさん

最大のメリットは、産後でも体力を維持できることです。よく、「産休中はずっと寝転がっていて太った」という話を聞きますが、実は太っただけではなく、筋肉も落ちてしまっていると思います。無理する必要は全くないですが、出来る範囲でウォーキングをしたりヨガをしたりと軽い運動をすることによって、産後もスムーズに育児に移行できると思います。出産後は外出機会が限られ、家の中で運動をすることさえもできないので、妊娠中は運動をやっていて良かったと感じます。

妊娠中ダイエットのデメリットを教えてください

 

Aさん
Aさん

私は妊娠初期、食べたいものがあると食べるまで気が済まなくてとにかく食べたいものを食べる!という生活をしていたのでダイエットを始めてからの1ヶ月程は食べたい!と食べちゃダメ!とが喧嘩してストレスが酷かったです。特に食べることが幸せだと思う人には食べたい物を我慢しなければいけないストレスは赤ちゃんにも影響してしまうのでは無いかと心配になる程で、食事のバランスが悪くなりがちなので貧血が酷くなったりしました。

Bさん
Bさん

やはり多少なりとも母体に負担がかかってしまうことです。運動の場合だとお腹のハリが気になって、どこまで無理をしてよいか正直素人では検討がつきません。その結果、重大な結果に繋がりかねないです。また、食事制限の場合は、赤ちゃんに栄養がいかなくなる可能性があります。妊娠初期の場合はそこまで栄養は必要ないらしいですが、妊娠後期ともなると赤ちゃんがある程度大きくなっているので、母体が必要な栄養を摂ってあげる必要があるので、バランスよい食事が重要だと思います。

あなたの妊娠中ダイエット実践結果のまとめを教えてください

 

Aさん
Aさん

これ以上太れば自分が生まれた産婦人科では出産できないと妊娠中期から急に食事を制限しましたが、貧血が酷くなったりストレスが溜まったりして気分は晴れず、しかも体重の増加は防げたものの減少することも無かったので頑張っているのに結果が出ないことに嘆いたりしましたが、出産を終えてからの生活で順調に体重が落ちて今では-20キロに成功しました。妊娠中に食事制限をして胃が小さくなったことと食べたい気持ちをコントロール出来るようになったおかげだと思います。

Bさん
Bさん

妊娠7か月から出産直前まで実践し、結果的に痩せることはできませんでした。しかし、急激な体重増加はせず、見た目も醜く変化しなかったので、やって良かったと思います。私が感じたメリットは、産前に運動をしていたおかげで産後でも体力を維持できたことで、退院後すぐに運転して買い物に行けました。逆にデメリットは、運動にしても食事制限にしても必ず母体に負担がかかっていると感じたことです。素人なのでどこまで無理をしたら良いかが全く分かりませんでした。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました