舞茸ダイエット 1週間-1ヶ月 効果なし?【体験・口コミ】ビフォーアフター/やり方

ダイエット方法

カロリーが低く、たくさん食べても太る心配のない舞茸。

今回は、舞茸ダイエットを実践した30歳専業主婦にお話をお聞きしました。

舞茸ダイエット1週間で何キロ痩せましたか?1ヶ月で何キロ痩せましたか?効果を実感したのは、いつからですか?

1週間では変わらず、1ヶ月で2キロ痩せました

ビフォーアフターを教えてください。見た目の変化はありましたか?

顔まわりがスッキリした

舞茸をいつ食べるようにしましたか?なぜですか?

夕食前にお腹を膨らませるために食べました

舞茸ダイエットをやろうとしたきっかけや理由を教えてください。

なんとなくネットを見ていたら、きのこがダイエットに良いという記事を見つけました。もともときのこは大好きでしたし、そのなかでも舞茸の風味や味、歯ごたえが大好きだったのでこれなら続けられるかもと思ったのがきっかけです。運動や食事制限に何度も失敗したことのあるわたしだったので好きな食べ物であれば続けられると思いました。予想は的中、長く続けることができ体重を落とすことに成功しました。ネットの記事に感謝です。

舞茸の一日の摂取量を教えてください。

200g

作り置きなど、どのような食べ方、やり方をしましたか?方法を教えてください。

スーパーで安売りしている時に大量に購入して、一回に食べる分ごとにラップでくるんで冷凍保存しておきます。冷凍庫から出してそのまま電子レンジで温めてポン酢、醤油、マヨネーズ、塩胡椒、ニンニクなどその日の気分に合わせて好みの調味料をかけて食べました。ただしチーズやシーザードレッシングなどはほどほどにして、なるべくあっさりした調味料で味をつけるよう心がけました。味変するので飽きることなく、長く続けられました。

舞茸ダイエットはなぜ痩せるのですか?痩せる理由も教えてください。

繊維質でよく噛むため満腹中枢が刺激され、その後の食事の量が減ったことが1番の理由だと思います。また舞茸自体のカロリーが少ないのでたくさん食べても問題なく、さらにお通じも良くなったので痩せたのではないでしょうか。また毎日味を変えることで無理なく長い期間続けることができたのが痩せられた最大の理由だと思っています。いくら舞茸が好きでも、毎日同じ味付けでは必ず飽きがきて途中でやめてしまうので。今は様々な調味料があるのでやりやすいと思います。

舞茸を食べて一時的にでも太ることはありましたか?

ありません

舞茸はダイエットに向いていますか?不向きですか?舞茸ダイエットの感想を教えてください。

舞茸はダイエット向きの食品だと思います。きのこ全般にも言えますが食物繊維が豊富でお通じが良くなることと、きのこ自体のカロリーが低いためダイエット向きと言えるでしょう。ただ、えのきやしめじだと温めることでカサが減ってしまい食べ応えがなくなってしまうことがあります。その点舞茸は温めてもそこまでカサが減った感じがしないのでたくさん食べていると感じることができ満腹感を得られるため、きのこの中でもダイエット向きでしょう。

舞茸ダイエットのメリットを教えてください。

何より続けやすいことですね。豆腐やこんにゃくなどの食品もよくダイエット向けとして紹介されていますが、豆腐やこんにゃくはタンパク過ぎて私のくちには合いませんでした。舞茸は旨味があるので薄味でも充分美味しく食べることができますし、様々な料理にも使えるので便利です。また価格が低く変動もあまりないので毎日買ってもお財布に優しいところもメリットだと思います。また、全国どこでもいつでも売っている食材なので通年続けやすいのもポイントです。

舞茸ダイエットのデメリットを教えてください

お通じが良くなりすぎるところです。私は胃腸が強かったのか特に問題はありませんでしたが、人によってはきのこ類を食べすぎると下痢になってしまうかもしれません。また、きのこが苦手な人には難しいダイエットだと思います。苦手な食材を無理やり食べるというのは、やはり長くは続かないため、きのこ好きな方におすすめしたいダイエット方法です。また、コンビニには基本舞茸は売っていないので普段スーパーに行かない人には向かないかもしれません。

あなたの舞茸ダイエット実践結果のまとめを教えてください

夕食前、もしくは夕食時の一番最初に舞茸をその日の気分に応じて毎日違う味付けで味付けで食べる舞茸ダイエットを1ヶ月ほど続けました。結果として運動、他の食事制限なしでマイナス2キロの減量に成功することができました。運動嫌いで食べるのが大好きなわたしにはピッタリなダイエット方法でした。これに運動をプラスしたらもっと良い結果になっただろうなと思います。きのこ類が好きな方、特に舞茸が好きだという方は試してみてはいかがでしょうか。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました