必要なものと不必要な物を分ける

リビングに収納スペースを増やしたいと思うものの、どのようにリフォームしたら良いのかと悩むかもしれません。上手にリビング収納をするためのコツは何でしょうか。まずは、我が家ではどれほどの収納を必要としているのかということを見極めるようおすすめします。収納している物すべてが必要な物とは限りません。実はそれ程必要としない物が多数ということもあります。不必要な物でスペースが取られるのはもったいないので、必要な物と不必要な物を分けて、必要な物だけを収納するのはいかがでしょうか。

効率的に分ける方法は?

収納する物をグループ分けすることは、必要な物だけを効率よく分けるための1つの方法です。例えば、自分が使う物、パートナーが使う物、子どもが使う物、そして家族みんなの共有物というようにグループ分けできるかもしれません。その後各自が必要な物と不必要な物を分けることができます。そして、この機会に不必要な物を思い切って処分するのはいかがでしょうか。

目的別に家具を設置する

収納する物と量を見極めることができたなら、次に収納方法を考えることができます。例えば、目的別に家具を取り入れることができます。本を収納するために本棚を、テレビなどAV機器関係の物を収納するためにローボードをリビングに設置することもできます。ある程度の広さがあるリビングですと、目的別に幾つかの収納家具を設置しても問題ないかもしれません。しかし、スペースが限られたリビングの場合、幾つもの家具を置くと生活空間が狭くなり圧迫感を感じてしまうという欠点があります。

壁面家具はすっきりと収納できます

テレビを置くことができ、しかもたくさん収納できるボックスがある壁面収納家具はいろいろな物をすっきりと収めることができますのでおすすめです。例えば、パナソニックのキュビオスはおすすめできる壁面家具の1つです。キュビオスはリビングの大きさや収納するものに合わせてユニットの数を組み合わせることのできるとても便利な収納家具です。

急な来客対応のための収納

散らかっているリビングの片付けに手間取ってしまい、急な来客に対応できず恥ずかしい思いをしたという経験はありませんか。そのような状況に対応できるように、ラックと収納カゴをリビングに置くのはいかがでしょうか。収納カゴの幾つかは普段使いしつつも、幾つかは来客のために急いで片付けることを見越して空けておくと便利かもしれません。

今回はリビングの収納方法をご紹介しました。上手に収納するために、ご家族のそれぞれの物を必要な物と不必要な物に分けておくようおすすめします。目的別に収納家具を取り入れることは1つの収納方法です。また壁面家具はすっきりと収納することができ、圧迫感を与えないおすすめの収納家具です。急な来客を想定した収納方法についても検討されるのはいかがでしょうか。