枝豆ダイエット【成功体験談】効果/口コミ・痩せた?方法・食べ方・やり方・向き?・量

ダイエット方法

栄養価が高く、ダイエットの食税として人気の枝豆。

今回は、枝豆ダイエットを実践した40代後半会社員(女性)の方にお話をお聞きしました。

枝豆ダイエット1週間で、また1ヶ月で何キロ痩せましたか?効果を実感したのは、いつからですか?

1週間で0.5キロ 1か月で1キロ

ビフォーアフターを教えてください。

54キロ→52キロ

枝豆をいつ食べるようにしましたか?食べるタイミングを教えてください。例)朝、夜、寝る前、間食

なるべく朝に食べるようにはしていたのですが、食べれないときもありますので、昼、夜とどんどんずれることもしばしばです。

枝豆ダイエットをやろうとしたきっかけや理由を教えてください。

ご飯などを全然食べない自分にとっては枝豆は最高の主食でもあり、おつまみでもありこれでお腹がいっぱいになれることがしょっちゅうでもあり、それなりに食べる事によって満腹感も得られます。日頃豆類をあまり食べないときはすぐ枝豆など冷凍庫に入れてあったので、その都度食べたい時にいつでも食べられるのが枝豆でとってもバランスよく気軽にいつでもどこでも食べられるのでそこがまた魅力があって素晴らしく日ごろから結構食べているからです。

枝豆の一日の摂取量を教えてください。


100グラムです。

どのような食べ方、やり方をしましたか?方法を教えてください。

いつも大体そのままゆでてなどが多かったのですが、あとはゆで卵も一緒に作って同じ様にして主食にしながら食べる事も結構ありました。あとは本当にまれに枝豆ご飯にしてみたり、枝豆パンにしてみたり枝豆をつぶした団子にして作ってみたりなど結構アレンジ豊富で、色んな食べ物にも合いますので結構楽しみながら、栄養バランスを整えていきました。サラダと一緒に食べるのは格別にまた違うおいしさがあって甘みもあり、素敵です。

枝豆ダイエットはなぜ痩せるのですか?痩せる理由も教えてください。

タンパク質のほかにも、食物繊維、ビタミンB1、B2、葉酸、鉄、カリウムなどの栄養素が含まれています。枝豆の糖質量は他のスイートコーンや、ソラマメと比較をして3分の1程度です。それほどない分安心できるのですが、カロリーはそんなに低いわけでもありませんので注意は必要ですが、食物繊維、良質な植物性タンパク質やビタミンCなど、ダイエット効果が期待できる栄養素が多く含まれており、イソフラボンやアミノ酸などの美容によい成分が含まれていることもよい為消化にも優しい。

枝豆はダイエット向きですか?不向きですか?その理由も教えてください

とても向いております。枝豆は畑の肉とも言われる通り、腸内環境を整えお通じを良くする食物繊維、美肌やアンチエイジングにも有効な栄養素が豊富に含まれており、むくみを解消する成分もあるためかなり有効活動しています。低カロリーで糖質も少ないという点や、体内の塩分・糖分を排出したり、利尿作用があるカリウムが含まれていますので、むくみを予防したり改善することが期待できます。食物繊維が含まれており、便秘解消にもなりますし、代謝の効率がアップし痩せやすくなることはもちろん、肌荒れ防止や老化対策にも十分効果が得られます。

枝豆ダイエットのメリットを教えてください。

枝豆に含まれているカリウムは体内に取り込んだ余分なナトリウムを汗や尿として排出することでむくみを解消する働きをし、むくみは血液中の余分な水分が皮下にしみ出して溜まっている状態で、立ち仕事や座り仕事などの同じ姿勢、アルコールの過剰摂取、深夜の食事、味付けの濃い食事、運動不足などが原因で起こるので、それをいち早く解消するには継続的に食べると、体内の水分バランスが整えられてむくみ改善、代謝の向上、血圧上昇の抑制に効果的であります。

枝豆ダイエットのデメリットを教えてください

食物繊維が豊富でもあり、適量であれば便秘解消にもなるのですが食べ過ぎてしまうと、胃痛を起こしてしまったり、下痢などを起こす場合もありますので注意が必要です。又便秘に逆になることもあり得るので適量にした方が良いと言えます。また栄養バランスをしっかり考えて食べていく形でないと、枝豆を取り入れることによって総摂取カロリーを減らし身体に良い栄養素を取り込むことでダイエット効果を期待するものなので、1食分を枝豆だけで置き換えるのは控えて。

あなたの枝豆ダイエット実践結果のまとめを教えてください

そのままでもよいのですが、まずはサラダから始めて、それからパンやご飯などあらゆるもので合わせやすいもので、しっかりバランスよく食べる方法は本当に美味しくしっかりお腹にも満たされて、食物繊維もだいぶ豊富ですので飽きずに食べられます。また自分は塩など全く不要でそのままの甘みが好きなのでその甘みでパン作りやモチなど美味しく頂いていたため、結構その点では自然な甘さとさらにおいしさが十分増して楽しい食事にも今後展開できるので何かと、こうした食事バランスが1つの重要と思いました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました