親に万が一

学資保険に加入している割合は?

子供が生まれると学資保険について考えますが、普段の生活でも家計を切り詰めているので、本当に学資保険に入る必要があるのかを考える必要があります。
そこで参考にできるのがみんなはどうしているかという点です。
一体どれくらいの人が学資保険に加入しているのでしょうか。

2010年に調査した結果によると、約60%が加入しています。
そして加入していない20%の人が子供のために何らかの保険に加入したようです。
加入していない人は20%となっています。

このことからわかるように、やはりもしもの時のことを考えて、8割の人たちが何らかの形で子供の保険を加入させています。
備えあれば憂いなしといったところでしょうか。
更に、興味深いのが、保険に加入しなかった20%の人の意見です。

それはほとんどが金銭的に今は余裕がないのでいつか入りたいと思うといったものです。
ですから結論としては、すべての人が一度は学資保険について真剣に考えた結果、状況の許さない人が加入を諦めたというわけです。
つまり、学資保険は今の時代それだけ需要があり、子供のことを考えて真剣に親が考える必要があるものなのです。
どれだけ忙しくても結婚したら考え始めるべきです。
そうするなら安心することができます。

このページの先頭へ