親に万が一

学資保険は貯金よりもお得?

学資保険に加入するのは教育費を上手にやりくりするためです。
お金が手元にあるとどうしても使ってしまいたくなります。
使ってはいけないと分かっていても、また子供のために貯金しないといけないと感じていても結局、貯金は一番最後になります。

そこで加入を考えるのが学資保険です。
学資保険であれば毎月決まったお金がきちんと銀行から引き落とされていくので、確実に子供のために教育費を貯めていくことができます。
そしてお金が必要になったその時期にお金を受け取ることができるのです。

ここで疑問が生じます。
であるならば、貯金でもいいのではないかという点です。
まさにその通りです。

もし自分できちんと貯金できるのであれば実は学資保険に加入する必要はありません。
もう一つ考えることができるのが、利率です。
銀行でも利率が存在しますが、それは微々たるものです。

ほぼ無いに等しいと言えます。
しかし、学資保険の場合、保障内容にもよりますが返戻率が100%を超えてきます。
この場合、貯金よりもお得になります。
なぜなら自分が払った保険料より多くのお金が手元に返ってくるからです。
ですから保険会社を賢く選んで特約もつけず、保障内容も最低限のものにすれば、銀行で貯金よりお得なのです。

このページの先頭へ