親に万が一

学資保険に付帯する特約は

まず、特約に関して覚えておきたいのはつければつけるほど、お金がかかるということです。
そして確かに万が一のために保険に入りますが、万が一の保険は他の保険に加入しているので入る必要がありません。
契約者に何かあった場合、子供に何かあった場合となるわけですが、正直これは特約で付帯する必要はありません。

これは他の保険で既に加入しているからです。
重複はお金の無駄です。
しかも、特約といいますが、結局手数料が一つに付き取られる仕組みになっているので実際はそんなにお得ではありません。

どうしてもこれは必要だというもののみで大丈夫です。
しかし、特約を付ける前に自分が加入している保険内容の確認が大切です。
本当に必要なものであれば、保険会社も特約ではなく、最初から主契約に含んでいます。

それを忘れないようにしましょう。
子供のために入る学資保険は、子供の教育費を毎月支払って、いざという時にまとめてお金を受け取るためのものです。
子供を守りたいなら他の保険に加入し、教育費は自分で貯めましょう。

学資保険に入る理由をもう一度確認し、それに合わせて特約を付帯させるか考えることができます。
特約は使わないことがほとんどです。
保険屋さんの言い回しに飲まれないようにしましょう。

このページの先頭へ