親に万が一

学資保険と低解約返戻金型定期保険の違いは?

学資保険は賢く教育費をやりくりするために保険を利用します。
とりわけお金がかかる時期に受け取りの設定をし、それに合わせてお金を実際に受け取ることができます。
同じ感じの保険では子供保険があります。

では、他にもどんな候補があるのでしょうか。
そのうちの一つが低解約返戻金型定期保険です。
名前で聞くと少し難しい感じがしますね。

しかし、そんなに複雑なものではありません。
保険料が低い分、返戻率が高いのが特徴です。
では実際に比べるとどうなるのでしょうか。

まず学資保険は受け取りの時期が決まっています。
例えば15,18,22歳といった具合に入学などでお金が必要な時に受け取ることができます。
これが、低解約返戻金型定期保険の場合、更に自由度が増します。

方法としては解約して、すべてを現金化することができます。
他にも、貸付けサービスがあり、契約者の名前で一時貸付けを受けることができます。
更には、受け取りを減額してまず必要な金額を受け取れます。

ですから、いつじゃないと受け取ることができないという縛りがないわけです。
必要な時にすぐに解約できます。
そして目的の縛りもないので、子供が卒業しようが何歳になろうが引き続き利用できるメリットも存在します。

このページの先頭へ