親に万が一

学資保険、一時金をもらうタイミング

保険はいざという時のためにかけておいてお金を受け取ります。
もしくは、満期になるとお金を受け取れます
学資保険も同じです。

満期になるのは大体が18歳、22歳です。
しかし、お金がかかるのはこのとしだけではありません。
ですから、いつごろが教育費のかかるのかを調べて、それに合わせて一時金を受け取ることができます。

実際に一時金を受け取るタイミングは自分で決定することもできます。
例えば中学に入学するときに一時金をもらい支払いを済ませることもできます。
そして高校入学でもお金が必要になってくるので、中学卒業のタイミングで一時金を受け取るようにしておくこともできます。

そのように設定しておけば、実際に一番お金がかかる時に一時金を受け取ることが可能で、家計が助かります。
他にも、やはり大学が、一番お金がかかるので、大学入学時に100万円ほど、そして毎年50万円ずつ受け取るというタイミングにする人も大勢います。
よく考えて、どの時期が一番お金のかかるときなのかをよく考えて、それに合わせて一時金をもらうことができます。
こうすることで、より賢く学資保険を利用することができるのです。
保険会社に任せたりすることもできますが、今は自分で受取時期も選べるので、真剣に考えるべきです。
学資保険のプランはいろいろあるので、こちらhttp://www.babyfinder.org/choti.htmlで確認してみてください。

このページの先頭へ