親に万が一

損をしない学資保険の加入時期は?

いつ加入しても基本的に学資保険は損をしません。
なぜなら変戻率さえ100%を超えていればとにかく、払ったお金は返ってくるからです。
しかし加入時期を早くすれば、それだけ毎月の掛金が少なくて済みます。

そうなれば毎月の負担も軽くて済みます。
そう言う意味では早く加入するのが賢明な方法です。
ではいつごろから加入できるものなのでしょうか。

実は今の時代、学資保険は出産前から加入できます
しっかりと配偶者と話し合って、出産前に加入しておくなら、出産後にバタバタしなくても済みます。
出産後はお祝いを受け取ることができますが、赤ちゃんにかかるお金もたくさんになるので、経済的な負担も始まります。

ですから、一番良いのは出産する前に加入しておくことです。
注意したい点としては、ほとんどの保険会社が小学生になるまでに学資保険に入るように勧めています。
ですから7歳までに入る必要があります。
確かに加入は可能ですが、加入が遅くなればなるほど、毎月の掛金の負担も大きくなるので、できれば早い時期に加入しておくのが理想的です。
このことを考えると、理想的な学資保険の加入時期はできるだけ早い時期に、出産前に加入しておくのが賢明であると言えます。

このページの先頭へ