親に万が一

親に万が一な事があった場合は学資保険はどうなる?

学資保険には様々な保障が含まれます。
その保障内容を確認しておくのは大切なことです。
保障内容の中にはもし親に万が一の事があった時に、どういう手続きが取られるかが含まれています。

これは保険会社により異なりますが、今は多くの学資保険が万が一のことが、親つまり契約者に起きた場合、それが死亡であったり、大きな障害を抱える事故であったりした場合、基本的にその後の保険料の払込は必要でなくなります
しかも契約時に契約したとおり、満期になれば、被保険者はきちんとお金を受け取ることができます。
万が一のことは起きないのが一番です。

しかし、人間はそれがわかりません。
そのことを踏まえてこういった保障内容が含まれている学資保険かどうかを確認してから加入するのがベストです。
確かに変戻率が高いところは金銭的にメリットが多いですが、保障内容も同じように大切であるということです。

しかし、万が一のことがあったときは、生命保険もあるので、そちらを充実させる方法もあります。
よく考えて子供が一番良い保障を受けられるものを選びましょう。
それが親にできることです。
学資保険をどうみるかをもう一度考える必要があります。
それから選ぶときに最も自分に合ったものを選ぶ事ができます。

このページの先頭へ