親に万が一

学資保険の年間の保険料

学資保険に加入する際に考えることができるのが、保険料です。
まず基本的な考え方として、学資保険は家計を圧迫させてまで入るものではありません
もし余裕がなければ、自分で少しずつ子供のためにお金を貯めればいいのです。

では実際にどれくらい支払う必要があるのでしょうか。
それは学資保険の保障内容と保険会社によって異なります。
しかし、ほとんど最低レベルの保障で更に、赤ちゃんが産まれる前から払い出すという設定であれば、月に5000円以内で済みます。

ということは年間にすると、大体6万円になります。
それでも22年で満期になると考えれば、単純に×22を受け取ることができます。
これも返戻率が大きく関係します。

返戻率とは自分が支払った掛金に対してどれくらい返ってくるのかというものですが、これが100%を超える保険会社を選ぶなら、とにかく損をすることはありません
ですから、年間での保険料が気になるかもしれませんが、それがいずれ返ってくるものであることを理解しておけばそこまで苦しい思いをせずに済みます。
保険料に関してはシュミレーションがあります。
多くの保険会社がインターネット上で非常に簡単に保険料を算出してくれます。
これを使えばより具体的にかかるお金を知ることができ、便利です。

このページの先頭へ