親に万が一

学資保険選び、民間とかんぽどちらがお得?

自分が学資保険に何を求めるかを最初にしっかりと考えることができます。
それから、どちらにするかを選べます。
かんぽの特徴はとにかく安定感があることです。

他の保険会社の場合、最悪倒産ということもありえますが、かんぽは安定感が違います。
また全国どこでも郵便局はあるので、いつでもどこでも相談できる、手続き変更ができるメリットが存在します。
また、かんぽの魅力は万が一の発生した時の手厚い保障です。

他の生命保険に匹敵するほどの保障内容となっています。
例えば特約に、災害特約、障害入院特約、疾病入院特約があり、本当に契約者に何かあったときに全面的にバックアップしてくれます。
ですから、とにかく保障内容を基本として考えるのであれば、かんぽがお得です。

しかし、学資保険は基本的に、子供が小さい内からお金を保険料として支払い、それを必要な時に受け取るのがメインとなります。
そうなると、貯蓄率も問題になります。
要は、返戻率が高いものです。

自分が預けたお金と同額、またはそれ以上が返ってくるところであれば非常にありがたいですね。
この場合はかんぽよりも他の民間保険会社の方がお得です。
保障をとるか、お金をとるかといった感じになります。

このページの先頭へ