親に万が一

学資保険の保険料払い込み免除って

私たちは数秒後、自分がどうなるかさえ明確に予測することができません。
ですから考えたくもないことですが、万が一ということが発生する確率はゼロであると言い切ることができないのです。
そのために、学資保険では保険料払い込み免除という制度が設けられています。

どういうことかというと、もし保険契約者、大体の場合は父親、もしくは母親でも良いのですが、事故に遭ってしまった、病気で亡くなってしまったというケースがあるかもしれません。
それか、事故に遭遇し、非常に重い後遺症が残ってしまったというような場合です。
今まで何年も頑張って子供のために学資保険を支払ってきたわけですが、これからはそれができなくなってしまいました。

このような場合に、保険会社の保障内容の一つに、保険料払い込み免除があります。
つまりそれ以降は保険料を払う必要がありません。
しかし、子供は引き続き、一時金や満期の時お金を受け取ることができるのです。

これはありがたいシステムです。
ですから学資保険を選ぶ場合はこのような、保障がついたものを選ぶ事ができます。
そうすることでより安心して生活を送ることができるのです。
ただ、これは生命保険でもあるので内容をよく確認してみましょう。

このページの先頭へ