親に万が一

学資保険をどの様な基準で選ぶべきなのか

学資保険に入る目的で基準を作り上げることができます。
一つ目の基準は、保障内容です。
もしものことは誰にもわかりません。

その故に保険が存在します。
つまり、学資保険も万が一のことを考えて加入するのであれば重視すべき点はおのずと保障内容という点になります。
学資保険にも様々な特約をつけることができます。

もし契約者、つまり親が死亡してしまった時にその後の子供の教育費をどうするか、被保険者である子供の身に何かあった場合はどうするかといったものです。
正直、生命保険でもいいのですが、学資保険でもこのように保障を充実させることができます。
これがひとつの基準です。

もうひとつの基準が、返戻率です。
これは自分が支払った保険料が返ってくる割合を指しています。
もし、100%を超えていればそれは、払ったお金以上のものを受け取ることができるというわけです。
こちらhttp://www.wellesleyweb.com/fiske.htmにも書いてありますが、保険料を早めに支払ってしまった方が返戻率が高くなる場合があります。
学資保険の考え方として、保障内容はとにかく他の保険でまかなう、学資保険はお金のやりくりに利用するだけである、こういった場合はこの返戻率を基準にして選ぶ事ができます。
このように自分が学資保険にどうして入るのか、万が一に備えてか、それとも、お金のやりくりのためにか、それをはっきりさせてから選べます。

このページの先頭へ