親に万が一

学資保険の返戻金は課税対象になる?

何でも税金がかかってしまうのがこの国です。
一時的に収入があった時もその収入が20万円を上回るときは税金を支払う義務があります。
ここで心配が生じます。

学資保険で満期になると、もしくは一時受け取りの時も20万円は超えます。
大学入学で満期になると、100万円を越すことだってあります。
ではその時は、課税対象になり、税金を支払う必要があるのでしょうか。

その心配はありません。
課税対象になるのは、収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除50万円×1/2となります。
つまり、収入を得るために支出した金額が学資保険のために毎月支払う掛金となるわけです。

ということは、この計算式で言っても、収入金額と、収入を得るために支出した金額はほぼ同じという結果になります。
この理由から、課税対象にはなりません。
ですからもしかしたら満期になって受け取るお金に税金がかかるから損してしまうと考えていた人は学資保険を避けていたかもしれませんが、満期でもお祝い金でも掛金が戻ってくるだけという認識になるので、課税対象にはまずなりません。

計算すると分かりますが、ほとんどの場合、答えはマイナスになるからです。
安心して加入することができます。
ほとんど銀行にお金を預けて置くようなものです。
学資保険の返戻率についてはhttp://www.md-mba.org/henrei.htmlで詳しく解説されています。

このページの先頭へ