親に万が一

学資保険は必要か、不必要か

実際に非常に多くの人が子供のために学資保険に加入するわけですが、みんなが入っているからという理由だけで加入するのも間違っています。
大切なのは自分の家族にとって必要かそうでないかという点です。
まず、学資保険には様々な特約がついていますが、これに関しては生命保険に加入すればよいので必要ありません。

そのことを考えると、学資保険の本来の目的は子供の万が一に備えてというよりは、教育費を上手にやりくりするために、分割して保険会社に貯蓄するというのが主要な考えになります。
つまり、もし自分でしっかりとお金の管理をすることができ、子供が産まれる前から産まれた時に備えて子供用の貯金をし、産まれてからも引き続き賢く貯金ができるのであれば、正直学資保険は必要ありません。
しかし、これができない、あるだけお金を使ってしまう、こういった人は学資保険に加入して、毎月決まった額を保険会社に管理してもらえばよいのです。

メリットとしては、返戻率が100%を超える保険会社があります。
つまり、支払ったお金以上の金額を返してくれるというわけです。
こういった点を考えると、加入してもよいか思います。
必要、不必要かは自分で考える必要があります。
自分の性格を理解して考えましょう。

このページの先頭へ