親に万が一

いつ頃から学資保険に加入すべき?

学資保険があると、教育費を賢く貯めることができるので、非常に便利です。
ではいつごろから学資保険に加入するのが賢い方法なのでしょうか。
多くの人が早く加入すればよかったと考えています。

しかし、子供が生まれてからだと、どうしてもやらなければいけない事がたくさんになり、保険について考えるのは簡単ではありません。
ですから、結婚した時に、もう学資保険について夫婦で話し合う、そして自分でもインターネットなどのツールを使って情報を入手しておくことができます。
子供が産まれたら0歳の時にすぐに加入します。

これによってどんなメリットがあるかというと、保険を受け取る時期は満期になったときと、入学などでお金が必要な時というのは、決まっているので、早く保険に加入することにより、毎月の保険料が安くて済むのです。
また、保険料をクレジットーカードで支払える学資保険なら、ポイントが貯まるので普通に支払うよりお得です。
一ヶ月でも加入が遅くなればその分毎月の保険料が上がってしまいます。
しかも小学校に上がってしまうと、ほとんどの保険会社がもう加入の手続きをしてくれません。
このことを考えると、事前に準備し考えておき、子供が産まれたら0歳のうちに学資保険加入の手続きを済ませてしまうというのが一番賢明であるということができます。
子供のためにすぐに取り掛かりましょう。

このページの先頭へ